2015/08_高松市宮脇町

BEFORE

マンションのリノベーション工事です。

今回はレトロ、昭和が好き!っというお客様のご要望により出来る限りの内装を衣替えさせていただきました。

またお風呂とトイレは新しくしたいとのことで新しく取替しました。

給湯機も機能的で給湯量が多いものに取替ました。

キッチンはどうするか悩んだのですが、昔のいいものが入っており、中途半端に安価なキッチンを入れるよりもぜったいに味があってかっこいいっと思い、またレトロな感じに合っていたので既存のまま採用しました。換気扇だけが古く汚かったので最新の物に取替ました。


入って玄関、廊下、トイレや洗面所は床鳴りがしていたので修繕と共に床もテラコッタ風の塩ビタイルを貼りました。廊下はレトロな照明をお客様が取り付けるそうでどうなるか楽しみです。

リビングはどこにテレビやダイニングを置くか悩んだのですが奥のクローゼットを撤去し、ニッチ風にしテレビスペースとしました。壁紙はお客様が「これが好き!どこかで使ってください!」とレトロな模様のクロスを選びました。すごくいい感じのスペースができました。

真ん中あたりにある腰までの間仕切りがあったのですが撤去し、ソファーを置いてもゆとりができるようにしました。

床はアンティークな感じにも合うデザインのものを。遮音性のある直張り用のフロアーを貼り、

壁は全体的に邪魔しないような織物調のクロスを選びました。

マンションでよくあるリビングの横にある和室。

ほとんどは襖で仕切っていると思うのですが、それがあるだけでせっかく衣替えをしているのにもったいないと思い、また和室にはお客様が持っている古いちゃぶ台を置く予定なのでそれにも合うように木の古っぽい建具を作りました。今回のテーマでもある昭和っぽいイメージにぴったりな建具が出来ました。

和室は普通の「ザ!和室!」っというのがいやっということっで、押し入れの襖や壁紙はお客様の好きな緑やからし色に張り替え木のこげ茶も入り、たくさん色が入ることでとてもおもしろい空間になりました。

最初は水回りだけにしようかと悩んでいたお客さまでしたが、いろいろ打ち合わせをしていると楽しくなってきて他の部分もいろいろと衣替えさせていただきました。

ぼくも楽しくプランニングや施工させていただきました。

ほんとうにありがとうございました。

所在地:高松市宮脇町

構造:鉄筋コンクリート

施工部分:リビング/和室/バス、トイレ/他


AFTER

9月の店舗スケジュールです。

日曜、祝日は店舗お休みになります。JICCAは店頭の商品はorsoが営業しているときは購入可能です。JICCA嫁不在の場合は商品説明、ラッピング、クレジットカードの使用等は不可になります。

オーダー家具、リフォーム工事等のご相談は予約制になります。電話対応はいつでも可能ですので、お気軽にお電話ください。

店舗にJICCAスタッフ不在の場合も多いです。ご来店の際はお電話で確認していただくことをお勧めします。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

 

23日(祝)はイベント『YARD』です。今回はorsoのみ出店です。24日はイベント振替でお休みになります。

 

ボチボチ通常運転に戻しながら、秋の美味しいもの楽しみたいなとひそかに思ってる母ちゃん。夏休みのご褒美。。。母ちゃんたちにください。

 

それではまた。。。

 

JICCA嫁